top of page

光コネクタ端面三次元形状測定システム MAX+ / WIZ+シリーズ

​型番:
MAX+/WIZ+
​メーカー:
NTT-AT

光コネクタの安定した正しい接続を実現するには、接触する端面同士が適切な形状になっている必要があるため、端面形状の精密測定は必須となっています。
光コネクタ端面三次元形状測定システム MAX+/WIZ+シリーズは、単心・多心コネクタの端面形状を自動測定する、IEC国際規格に準拠した非接触の干渉型顕微鏡です。
測定精度の高さや扱いやすさはもとより、コンパクトな筐体とスピーディな測定で、光コネクタ製造現場における作業品質の向上を可能にします。
※測定には別途パソコンとコネクタ種別に応じたマウント治具が必要になります。パソコンの動作環境については下記動作環境にてご確認ください。

特徴

  • コンパクトで軽量な筐体

  • 筐体はB4ノートよりも小さいスペースに設置できるコンパクト設計で、重さも4kg未満*のため持ち運びも簡単です。   *MAX-Quantumのみ重さ4.8kg

  • 汎用PCで測定可能

    一般的なWindows PCに測定用ソフトウェアとドライバーをインストールするだけで、すぐに測定を始めることができます。

  • 鮮明な画像をスピーディに表示

    広視野角、かつ高解像度を誇る高性能イメージセンサーの採用により、画素の欠落がない高精度な画像測定を実現しています。



  • 豊富なマウント治具

    マウント治具が交換式のため、SC・LC・FCといった標準的な光コネクタはもちろん、E2000やMIL-STなどの特殊な光コネクタも測定可能です。また、MAX+/WIZ+シリーズはコネクタがワンタッチで 装着できるため、セッティングもよりスムーズになりました。


  • 除振台不要

    筐体は入念な除振対策が施されているため、除振台などは必要なく、設置場所を選びません。

  • セッティング不要

    精密研磨加工されたマウント治具の採用により、面倒なキャリブレーションなどの調整作業はほとんど必要ありません。

  • AF(オートフォーカス)機能

    MAX+およびWIZ+シリーズはAF機能が内蔵されており、測定毎に手動で焦点を合わせる必要がないため、作業が効率的です。

  • 多心測定での高再現性を実現

    Sumix社独自の最新テクノロジーSideView (ガイドピンの角度をサイドから測定)により、さらに高精度かつ再現性の高い測定が可能となりました。 また、コネクタの抑えがなく、突き当ての挿入のみでコネクタの固定が可能なため、自動化ラインへの組み込みも容易です。




 

機種選択のポイント

コネクタ端面を測定する目的に合わせて機種をお選びいただけます。





 

形状測定用ソフトウェア【MaxInspect】の機能と特徴






 

動作環境

 

仕様


 

標準付属品


関連製品

お問い合わせ

目的

お問い合わせありがとうございます。担当者より改めてご連絡させていただきます。

bottom of page